So-net無料ブログ作成
TV・映画・マンガ ブログトップ
前の10件 | -

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q [TV・映画・マンガ]

eva_q_poster_06.jpg

先週の日曜日
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観てきた。
開封二日目のレイトショー。
かなりの混雑状況。
あちこちの情報サイトに書いてあったけど
日本中で動員は盛況らしいね。
さすがです。3年振りだもんね。

「エヴァ」は1995年〜1996年にテレビ東京で放送してた
TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が初代ですね。
当時僕は19歳だったわけですな。
でも、別にその頃は全くアニメなんて興味が無かった。

それがどうしたことか、30歳越えてから
とある作品(深夜系では超有名作品だけど)で、はまってしまって
エヴァを初めて観たのは、結構最近だったりするんだよね。

新劇場版は「序」も「破」も映画館で観たのだ。
何気に漫画版も持ってたりする。
結構身近にもエヴァ好きは多いから、話題には事欠かないのである。

さて、今回の「Q」だけど
前回の「破」から「14年」の月日が流れているらしく
その間に起きたであろう出来事が見事にカットされていて
早速呆然とさせられる演出になっている。
諸説有るらしいけど、前回のTV盤エヴァが完結したのが1998年の映画らしく
それから今年で14年とのこと。
昔からのファンに対し、空白の時間に充てたという見方もあるらしい。
「序」と「破」は、全シリーズの「焼き直し」に近くて
今回の
「Q」から違う方向へ向かってるから、それに掛かっているとか。

まぁ、作者が正式に述べているわけじゃ無いから真相は分からないけど。

このシリーズ、90年代のも含め、非常に「暗い」のです。
明るい要素がほとんど無くて、少し光が射したなぁ、、なんて思ってると
一気に地の果てまで気持ちを落としてくれます。
主人公や主要キャラに陶酔してしまうと、気持ちが滅入ってしまうという、、
なんとも、制作側の意のままに揺り動かされる作品。
それは、90年代のシリーズから変わらない。

それなのに、これほどまで注目を浴びて、記録的な動員を重ねるのは何故だろう。

な〜んて事を思いながら、やたらにこの作品の裏を読み取ろうとする行為自体が
制作側の思いのままで、それこそがエヴァの魅力なんだろうな。

僕は「破」に出ていた「綾波レイ」のファンです(爆)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガンダム [TV・映画・マンガ]

今日はお仕事でお台場へ。
ビックサイトで展示会。

途中ゆりかもめの車中から、、、

あっ、ガンダムだ!
って、知っててカメラ向けてたんだけどね。
写真小さっ(笑)
IMG_0217.JPG

しかし、何故お台場に等身大ガンダムなのだろうか。。

僕ってどっぷりガンダム世代なんだけど、、、
まともに観たことはないんだよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

MR.BRAINそしてMac [TV・映画・マンガ]

基本的にミーハーで
基本的にSMAP大好きで
基本的に木村拓哉のドラマは欠かさない僕は
「MR.BRAIN」を鑑賞。
といってもリアルタイムではなく、つい先ほど鑑賞。
ビバ!ハイビジョンレコーダー☆


この手の話は、マンガっぽいけれど、僕は好きです。
「脳」がテーマということで
昔好きだった「NIGHT HEAD」という作品を想い出したよ。
「兄さん 頭が痛いよ」って台詞が有名なドラマ。
知ってるかな?

脚本の「蒔田光治さん」も結構好きだったりするのだ。


劇中には最新の研究設備があったりして
その中にはフィクション設備もあれば、実際の研究設備もあったりするらしい。

そんな中でちょいちょい登場するMac(iMac)が、これまた素敵。

Macが出演するドラマは数多いけれど
筋金入りのリンゴ中毒者には、画面に映り込むその艶やかな
Macフォルムに、ある種の快感を覚えたりもするのだ(爆)

ドラマの流れと、Macの登場が益々楽しみな「MR.BRAIN」。

次回はGacktがメインかな☆

ちなみにGacktも、筋金入りのMacユーザーだったりする。。。


そして木村拓哉演じる主人公は「九十九 龍介」という。

九十九 ツクモ TSUKUMO
秋葉原の幹線道路沿いにそびえるビルを想い出すのは僕だけじゃないでしょう。
九十九電機。ヤマダ電機グループになっちゃったんだよね。
Macユーザーだけれど、九十九電機も結構好きなアキバのショップなのだ。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

黒執事 [TV・映画・マンガ]

僕はマンガ好きでね

小学生の頃は、コロコロコミック系を愛読。
「ドラえもん」に始まり「おぼっちゃまくん」「つるピカハゲ丸くん」「ダッシュ!四駆郎」とかを好んでみていたな。

中学高校は、少年ジャンプだね。
「ドラゴンボール」「スラムダンク」「シティーハンター」夢中で読んでいたな。

ドラゴンボールの連載が終わったくらいから、あまりマンガは見なくなって、これも大人の仲間入りなのかなと思っていたんだけれど
数年前から何故かマンガ・アニメの世界にどっぷり漬かってる。

きっかけは「シティーハンター」の続編(正式にはパラレルワールド)の
「エンジェルハート」が連載・放送されたのがきっかけ。
アニメーションの世界の進歩に驚いた。
とにかく画質が良いのだ。

それから様々なジャンルのアニメとか見てきたんだけれど
「涼宮ハルヒの憂鬱」は画期的で、衝動的だった。
この作品から益々、アニメの世界にハマリ詳しくなる。

k02-4baee.jpg
そして本題、、、
今僕が一番好んで見ているのは「黒執事」というアニメ。
原作もチェックしてる。
ウチの会社の京都に、僕にとても雰囲気の似た人(自他共に認める)がいて
その人から勧められたのがきっかけ。
wp_03.jpg
ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台とした
少年伯爵と「悪魔」の執事が主役の物語。

絵もストーリーも、声優も申し分のない出来。
作者は僕よりも断然年下というのが時代の流れを感じるが、、、

主に、女の子に人気のある作品。
僕は乙女チックな面があるので、すっかり虜。。

アニメ版は3月で終了。今佳境だね。
主題歌のシドの「モノクロのキス」が、これまたカッコイイ。

興味がある人は、YouTubeや公式サイトなどでチェックしてみましょう☆

20080729161059_黒執事キーヴィジュアル_ポスター納品.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

the 波乗りレストラン [TV・映画・マンガ]

なかなか素敵な企画だね。
でかした日テレ!
http://www.ntv.co.jp/naminori/

33話全てを予約した!
今日だけで3話放送したんだよね。
まだ本編は観てないんだけど、PR番組だけ観た。

サザンの曲聞いてあんなロケを観てると
地元に帰りたくなるなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

20世紀少年 [TV・映画・マンガ]

人が何かに熱中するきっかけ
それは紛れもなく外部からの情報である。
どんなに全ては自己流と謳う人だって
遡っていけばどこからの情報から始まっていたりする。

そんな前置きはどうでも良いのだが
最近「20世紀少年」に熱中している。
有名な作品だから「今更」だけれども
浦沢 直樹氏原作のマンガであり、今放映されている映画だ。
942785258_183.jpg


ココ1週間で原作を一気に読んだ。
22日には映画も見に行った。
942785258_198.jpg


1話1話に様々な伏線が引かれており、解釈が難解な部分も多くあるけれど
やっぱり「面白い」。
原作では「21世紀少年」というタイトルで終幕を迎えており
そこでこの物語の「到達点」に辿り着くが、この解釈もまた難解だ。
僕の今の率直な感想は
「そこかよ 反則だろう」である。

原作は終幕しているが、映画は2部残っている。
そしてこの映画には浦沢直樹氏が深く携わっている。
忠実に原作を実写化しているのだが、微妙に「違った表現」が仕組まれているとのこと。

原作が終幕を迎える途中で映画の話は決まっていたらしく
映画には浦沢直樹氏が関わることも決まっていたらしい。

そうなると、色々期待が膨らむ。
原作では曖昧だった部分が映画によって完結するのか。

映画の残り2部に否応なしに期待が掛かる。
942785258_253.jpg
そして、これから映画を観る人も、映画だけを観た人も
原作の読破を是非ともお勧めする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

硫黄島からの手紙 [TV・映画・マンガ]

正直、硫黄島の決戦のことを知らなかった。
第二次世界大戦の悲劇は、沖縄、広島、長崎、そして各都市への大空襲くらいの知識だ。
まだまだ僕は、この国の歴史に疎い。

先日、映画「硫黄島からの手紙」を観てきた。
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

映画を観た後に、ネット等で物語の背景を調べる。
これが僕のスタイルだ。

しかしこの映画ばかりは、まず最初に硫黄島に関する知識を得ておくべきだったと後悔した。

渡辺謙、二宮和也、その他キャストは本当に良い味を出していた。
中村獅童の役所は最後までよく分からなかったが、、、

アメリカ人が撮った日本の物語である。
ハリウッド映画に位置づけられているのに、全編日本語である。
ラストサムライは不自然な程に英語が使われていたが、硫黄島は日本語に徹底されていた。
だからこそ違和感がなく、その思い入れの深さを感じることが出来た。

渡辺謙演じる「陸軍中将 栗林忠道」の人柄がこの映画の核である。

硫黄島の決戦を綴ったノンフィクション文庫本「散るぞ悲しき」があるらしい。
是非読んでみたいと思う。

そして、軍人が国を思う一途な気持ちには改めて脱帽される。
死を美学化することには反対だが、守るべきものに対する愛の強さは今の世でも見習わなくてはならない。

そしてこの世界に起きた歴史は、確実に次世代へ伝えていかなければならない。
それが現在に生きているものの使命である。

これが、僕の心のポストに届いた「硫黄島からの手紙」である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

功名が辻 [TV・映画・マンガ]

大河ドラマが大好きだ。
2002年の「利家とまつ・加賀百万石物語」にて大河ドラマに出逢い(遅咲き)
03年武蔵、04年新選組、05年義経、06年功名が辻と、5年間見続けた。

「見続けた」のである。
そう、全てのクールを一度も見逃さずに、、、
もちろんリアルタイムじゃない回も沢山あったけれど、ビデオに撮って観るほど好きなのだ。

今回の「功名が辻」も面白かった。
戦国時代の最も「美味しい所」が時代背景だった事も影響していると思うが、飽きの来ないストーリーだった。

主人公は土佐大名「山内一豊」と、その妻「千代」だ。
正直、このドラマを見るまで「山内一豊」を知らなかった。
戦国の世をお家と名誉(功名)の為に立派に生き抜いた武将だった。
信長、秀吉、家康と上手に主君を渡り歩いたとても運の良い武将の一人でもある。

「ドラマ」ってのはこの際無視して、、、

サムライ魂というのは、本当に心が揺さぶられる。
自分にはなさそうだけれど、実は誰にも眠っている熱い気持ちが、時代劇を観ていると、ふつふつと沸いてくる。

こないだ「武士の一分」を観たばかりであり、「功名が辻」のすぐ後の放送で「ラストサムライ」の放送にも連続で触れており、ボクの男の子魂は燃えたぎっているのだ(謎)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

14才の母 [TV・映画・マンガ]

ドラマだと分かっているけれど、感情移入してしまうとその世界の住人になってしまう。

日本テレビ「14才の母」がいよいよクライマックスに差し掛かった。

非常にデリケートなテーマであり、作り方によっては若年齢の「性」を助長してしまいそうだとドラマ開始前に感想を持っていた。
実際は、性にリアルさはなく、にスポットは「命」に向けられている。

同年代の目を考慮した作り方だと思ってしまう面もある。。。
得てして乙女チックな内容になってしまう展開だが、 北村一輝氏 演じる週刊誌記者がアンチテーゼとしてストーリーの浮き足を抑えている。

さぁ、来週無事に生まれるだろうか。。。

そして、やっぱ出産って大変だなぁ。
命がけなんだな。
心配だ。

http://www.ntv.co.jp/14/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

武士の一分 [TV・映画・マンガ]

3時間残業を終えた、つくばエクスプレス車内。
今日が月初映画割引デー(一律1,000円)ということに気が付く。
ケータイで映画情報をチェック。
柏の葉キャンパス駅到着時間に合わせるように一本のレイトショーを発見。
早速オンラインにてチケット購入。
こんなノリで今日が初日の「武士の一分」を観てきた。
それにしても、色々便利になったもんだ。


山田洋次監督の時代劇三部作ラストを飾る作品らしいが、残念ながら前2作を観ていなかった。

ネタバレにはならない感想を少々。。

「静」を美しくとらえた映画だと感じた。
クライマックスには「動」もあるが、全体的に少ないから「激」に一層のインパクトがある。
予測不可能的な「奇」は無くて、基本的に先が読める物語。
けれども、向けられた「哀」と「愛」が悲しく美しいく「心」に刻まれる。

主演が木村拓哉氏ということもあり、公開1年以上前から何かと騒がれている作品である。
人気のある人だからこそのアンチ派が必ず存在するから、良くも悪くもこれからマスコミやネットで騒がれることだろう。

基本的にミーハーなボクだけれど、その点は除外して、、、
この映画は「好き」である。

「一分」について考える。
辞書を引くと【一身の面目。一人前の人間としての名誉。体面。】
このように表示される。

ボクにとって名誉って何だろう。
今は、在り来たりだけれど「家族を守ること」だね。
こんな事も考えさせられる映画だった。

やっぱ、映画館は良いね。
今まで自宅鑑賞派だったけれど、映画館に行くと「集中力」が何倍にも高まる。
当たり前だけど、映画のことだけを考えられる。

しばらく病みつきになりそうである。
http://www.ichibun.jp/


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - TV・映画・マンガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。